記事詳細

青森小6女児切り付け 14歳男子「殺すつもりだった」 自宅から数本のカッターナイフ押収

 青森県八戸市の路上で小学6年の女子児童が切り付けられた事件で、県警は13日、殺人未遂の疑いで逮捕したのは市内の男子中学生(14)と発表した。中学生は「殺すつもりだった」という趣旨の供述をして容疑を認めており、県警は事件に使ったとみられるカッターナイフを押収した。

 県警は、2人は互いに面識がないとみており、中学生が女児を襲った動機などを詳しく調べている。

 逮捕容疑は12日午後4時40分ごろ、八戸市新井田西1丁目の路上で、女児の首の前部分を刃物で切り付け、殺害しようとした疑い。県警によると中学生の自宅などから数本のカッターナイフを押収、うち1本で女児を襲ったとみられる。

 首の傷は長さ約10センチ、深さ最大1センチで3週間のけが。徒歩で近づき突然切り付けたという。

 八戸市によると、7日夕には現場近くの路上で、男が子供に付きまとう事案があり、市が不審者情報として防犯メールで注意喚起していた。県警が関連を調べる。

 女児が切られた現場近くの認定こども園の60代女性園長は「静かな住宅街でこんな事件は初めて。恐ろしい」と話した。

 現場はJR八戸線小中野駅から南東約2キロの住宅街。

関連ニュース