記事詳細

青森小6女児切り付け カッター少年に殺人願望 「殺すつもりだった。誰でもよかった」

 青森県八戸市の路上で小学6年の女子児童が切り付けられた事件。殺人未遂容疑で逮捕された同市立中学校の男子生徒(14)は県警の調べに、人を殺すことに興味があったとの趣旨の内容を供述しているという。「誰でもよかった」とも話していることから、殺人への願望が募った末の犯行だった可能性がある。

 県警は14日、男子生徒を送検。生徒は12日夕、八戸市新井田西1丁目の路上で、下校途中の女児の首を刃物で切り付け、殺害しようとした疑いで逮捕された。NHKが14日に報じたところでは、生徒は、調べに対し、人を殺すことに興味があったという趣旨の話をしているという。

 生徒が事件当日持っていたとみられるかばんから数本のカッターナイフが見つかり、現場付近の防犯カメラには、生徒が下校中、女子児童の後をつけて歩く姿が映っていた。

 「殺すつもりだった。誰でも良かった」という趣旨の内容も供述。県警では事件前後の詳しい足取りや、女児を襲った動機の解明を急いでいる。

関連ニュース