記事詳細

「前夜祭5000円」真相を追う! 一部野党とマスコミの“安倍たたき”もはや一般国民を巻き込んだ嫌がらせに… 小川榮太郎氏が緊急寄稿 (2/2ページ)

 出席者の目当ては酒食ではない。安倍首相夫妻との写真撮影であり、参加者によれば、実際に飲食の提供量はわずかで、首相の前に長蛇の列が並んでいたという。

 第4に、この件は旅行会社に丸投げしており、安倍事務所は金銭の流れに関与していない。金のやり取りが存在しないのだから政治資金収支報告書に載せようがない。

 つまり違法性はないという説明である。

 それを、こうして大騒ぎすれば迷惑を被るのは誰か。ホテルである。商売の世界では、得意先との取引内容は最も内密にしたい個人情報に他ならない。

 先日、私は安倍首相に電話して、「『桜を見る会』をすぐ中止すれば、また『疑惑は深まった』とやられるんじゃありませんか?」と聞いた。

 首相は大要次のように答えた。

 「それはそうだが、こんな状況では参加者が萎縮してしまう」「ブログから何から追跡されて迷惑をかける」「予算執行の決断をしなければならないから、今判断する必要がある」

 安倍たたきは今や、政治スキャンダルの追及などではなく、一般国民を巻き込んだ嫌がらせに堕しているのではないか。

 政治の中身を国民に知らせず、ひたすら疑惑風味の騒動を演じ続ける。これほど、国民をバカにした話があるだろうか。

関連ニュース