記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】世間話のつもりが“セクハラ”になっています 知らない間に価値観を押し付け… (1/2ページ)

 20代後半に差し掛かり、周りの知人も妊娠・出産の適年齢になってきました。結婚すらしていないのに、「工藤さん、お子さんの予定は?」なんてことも、しばしば。聞いてくださる方には申し訳ないですが、まだそこまで考えていません。

 ただ、出産希望は少しあるので、近々、卵巣年齢チェックを行う予定です。その状況によっては、卵子凍結をしようかなと思っています。

 女性の結婚・出産話は、話の切り出し方によってはセクハラになりかねません。子供がいるかどうかを聞くだけでしたらまだ良いのですが、「女性の仕事は出産だよ」とか、「まだ結婚しないの?」という発言を不快に感じる女性は多いと思います。聞いてくる男性は、「ただの世間話」程度と思い、「それ、セクハラですよ」と注意しても、何が悪いのかイメージできないのではないでしょうか。

 軽い気持ちで言ったはずが、言われた側は、「女性の仕事は出産・家事」「女性は結婚するもの」「女性は養ってもらうもの」という固定概念を押し付けられているような気になってしまうこともあるんです。

関連ニュース