記事詳細

村越・市川市長、ついにテスラ解約「明らかに政策は逆行した」

 千葉県市川市の村越祐民市長が自身と副市長の公用車に米電気自動車大手「テスラ」の高級車を導入し、議会などから批判が出ていた問題で、村越市長は導入済みの1台のリース契約を18日付で解除したと明らかにした。

 村越市長は7月から8年間のリース契約でテスラ車1台を導入。ただ、リース額が月約14万円と従来のトヨタ・クラウンの2倍以上となることから、市民から苦情が多数寄せられ、議会からも批判を受けた。

 市長は2台目の入札延期や、リース額の値上がり分を自身の給料から差し引く条例案を発表したが批判は収まらず、9月に解約を表明していた。

 「先進的な環境政策のアピールになる」と主張して導入した市長は、19日の定例記者会見で「今後は元の車に乗ることになる。明らかに政策は逆行した」と述べた。市によると、リース会社が新たな契約先を確保できたといい、解約に伴う違約金は発生しない。