記事詳細

【編集局から】今年のボジョレー、生産者を厳選した「本格志向」が人気!

 ボジョレー・ヌーヴォーが21日午前0時に解禁されます。業界紙によると出荷量は日本の大手49社で前年比9%減。ペットボトル仕様など安価なものが減り、フランスでは春の嵐で雹(ひょう)に見舞われるアクシデントがあったことも影響しているようです。

 そうした中、今年は生産者を厳選した本格志向のボジョレーに人気が集まっています。ボジョレー地区のモルゴン村で、最高樹齢116年の古木のぶどうから作る職人、ローラン・ギヨ氏もそのひとり。「濃縮感があり果実味がしっかりしているのが特徴です」とは、全国で23店舗を展開するヴィノスやまざきで、ソムリエ資格を持つ岩谷宏之氏。ギヨ氏による「ドメーヌ・デュベール・ギヨ」は、事前予約で前年比122%(数量ベース)の人気だそうです。

 同社の東京・コレド室町店、京都店など8店舗では20日午後11時半から、解禁カウントダウンイベントを開催。あちこちの店で乾杯の歓声が響きそうです。(N)