記事詳細

スルガ銀行「不正融資」問題 事実上の「借金棒引き」検討

 シェアハウス向けに不正融資をしていたスルガ銀行が、所有者が土地や建物を手放した場合に限り債務解消を検討していることが20日分かった。実現すれば、事実上の借金棒引きとなる。シェアハウスのオーナーは救済措置を一貫して求めており、スルガ銀には不正融資問題に区切りを付けて経営再建を急ぐ狙いがあるとみられる。

 シェアハウスの所有者側の弁護団は「銀行側との主張にはまだ隔たりがある」と説明しており、協議が難航する可能性もある。スルガ銀のシェアハウス向け融資残高は9月末時点で1992億円。このうち4割超で返済が3カ月以上滞っている。

関連ニュース