記事詳細

安倍首相「大いに反省」 「桜を見る会」に関する国会答弁を修正 

 安倍晋三首相は20日の参院本会議で、首相主催の「桜を見る会」招待者の推薦について自身の議員事務所に意見を述べたと明らかにし、参加者の人選過程に事実上、関与を認めた。関与を否定したこれまでの国会答弁を事実上修正した。招待基準が曖昧だったとして「大いに反省すべきだ」とも語った。

 菅義偉官房長官は衆院内閣委員会で推薦枠に関し、自民党が6000人、首相が1000人程度だったと説明。首相分には昭恵夫人の推薦も含まれていることも明らかになった。

 立憲民主党など野党4党の幹事長・書記局長が会談し、20日の国会審議で新事実が判明したとして衆参予算委員会に首相が出席して説明すべきだとの認識で一致した。

関連ニュース