記事詳細

韓国、GSOMIA失効不可避か 「レッドチーム」入りまで24時間切る

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は22日、失効期限(23日午前0時)が迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄するか、最終判断を行う。文氏は相変わらず日本が対韓輸出管理強化を撤回しない限り、協定の破棄決定は撤回しないと主張しているが、日本政府は毅然(きぜん)として応じない構えだ。

 協定が失効すれば、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する日米韓の安全保障協力体制は大きく揺らぐ。日本政府は失効回避に向けて、韓国側に「賢明な対応」を要求、米国も協定破棄の撤回を繰り返し求めるなど文政権への「圧力」を強めているが、望み薄だ。

 韓国大統領府(青瓦台)は21日の国家安全保障会議(NSC)終了後、「韓日間の懸案解決に向け、関係国と緊密な協議を続けていく」と発表し、日本とぎりぎりまで協議すると強調した。一方で「多様な状況への備えも検討した」として既に失効時の検討にも入ったことも示唆した。

 康京和(カン・ギョンファ)外相は21日の韓国国会で「日本の態度に変化がない限り、協定は明日(=22日)で終了する」と答弁した。

 文政権が自由主義陣営を離れ、中国や北朝鮮などの「レッドチーム」に入るまで残り24時間を切った。

関連ニュース