記事詳細

韓国、GSOMIA失効を回避 「当面維持」と日本に伝達

 韓国政府は22日午後、8月に破棄すると日本政府に通告していた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)を当面維持することを決め、日本政府に伝えた。日本政府関係者が明らかにした。23日午前0時の協定の期限満了を前に失効は回避された。

 韓国はこれまで、日本の輸出規制強化撤回を求め、日本は協定と輸出規制は別問題だと主張してきた。日本政府筋は22日、協定失効回避が決まった後も「(協定は)対韓輸出管理とは別問題との立場は全く変えていない」と説明した。

 協定が失効すれば対北朝鮮の日米韓の軍事的連携の亀裂が鮮明になるため米国は破棄撤回を韓国に強く要求してきた。韓国は米国の意向も念頭に置き対応を検討していた。

 韓国の聯合ニュースは22日、韓国政府が日本に、GSOMIAと輸出規制強化で日韓双方が譲歩する案を提案したと報じた。(共同)