記事詳細

【親も知らない今どき入試】「グローバル教育に力を入れている中高一貫校」ランキング トップは三田国際学園! 共学校が多いのが特徴 (1/2ページ)

 今週は首都圏288学習塾の塾長、教室長へのアンケートによる「グローバル教育に力を入れている中高一貫校」ランクを紹介したい。5校連記で記入してもらい、最初の一貫校を5ポイント、次を4ポイント…として集計した。

 トップは三田国際学園、2位が八雲学園、3位が広尾学園、以下、工学院大付、渋谷教育学園渋谷、文化学園大杉並の順となった。共学校が多いのが特徴で、男子校は1校も出てこない。共学校の中でも、トップ3をはじめ元女子校は6校にものぼる。

 中学受験に詳しい専門家は「東京には女子校がもっとも多く、生徒募集が厳しい学校もあります。最近は学校改革から共学化するところも多いのですが、共学にして募集範囲が広がったから、生徒募集がうまくいくというものではありません。やはり新しい教育が求められますから、その中で、時代にもあったグローバル教育に力を入れる学校が増えています」という。グローバル化して人気を集める学校が多いこともある。

 6位の文化学園大杉並は、昨年、女子校から共学校に変わった。高校にダブルディプロマコースがある。日本にいながら日本とカナダのカリキュラムを同時に学び、日本とカナダの卒業資格を同時に手に入れることができる。海外の大学にもチャレンジしやすい。

関連ニュース