記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】相乗り、定額料金…タクシーに新サービス続々 (1/2ページ)

 タクシーをもっと便利にしようと、他人同士が1台のタクシーに乗り合わせる「相乗り」や一定の経路内での「定額料金」といった新サービスが導入されるそうだね。始まるのは来年の秋頃だそうだけど、はたしてうまくいくのかな。

 タクシー業界では統合・提携が次々と起きている。日本交通グループのように、さまざまな会社が一つの大きなグループの中に入っているというイメージだ。海外の業者が参入してきているから、この動きはこれからもっと活発になるかもね。

 一方で小規模ながらも頑張っている業者や個人タクシーも多い。新サービスに対応するためには投資コストもかさむから、彼らの方は大変だろうという声が出ている。

 車両そのものもそうだけど、IT技術の進化により、大手と小規模の業者とでは設備に格段の違いが出てきている。大手だと後部座席に乗ったときに広告動画が流せるようタブレット端末がセッティングされていて、スマートフォンでの支払いもできたり、アプリを使えば迎えにもきてくれる。

 こうした機器を導入して運用するのには当然ながらコストがかかる。だから小規模業者が導入に二の足を踏んでいるという現状もあるそうだ。地方に行くと、クレジットカードでもどう処理したらいいのか分からず、「支払いは現金で」というドライバーさんがいるものね。

 その上にスマホ決済やら何やらと新サービスが登場しても対応できないんじゃないかな。かといって導入しないままだと客足が遠のいてしまうかもしれない。このあたりは悩みどころだよね。

関連ニュース