記事詳細

韓国・文政権“屈服”寸前か 選挙介入疑惑で死者出る異常…内憂外患で「徴用工問題」仕掛けてくる可能性も 松木國俊氏「日本は1ミリも譲るな」 (1/3ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が崖っぷちに立たされた。長年の友人が出馬・当選した昨年6月の蔚山(ウルサン)市長選に、大統領府(青瓦台)が介入した疑惑が炸裂(さくれつ)し、死者が出る異常事態となっているのだ。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)では、土壇場で失効を回避し、左派の岩盤支持層から「無能外交」と批判されたばかり。日本は今後、徴用工訴訟問題で文政権と対峙(たいじ)するが、一切譲歩する必要はない。「文政権が屈服する日」は遠くない。

 「文大統領 3週間ぶり秘書官会議開催へ=国会運営・疑惑への言及に注目」

 聯合ニュース(日本語版)は2日、文氏が久しぶりに、大統領府で首席秘書官・補佐官会議を開くことを報じた。

 大統領府では現在、来年度(2020年1~12月)の予算案の審議加速化が急務となっている。来年春の総選挙をにらみ与野党の溝も深まっており、議論は煮詰まっていない。

 加えて、大統領府が昨年の蔚山市長選直前、当時の現職市長周辺の捜査を警察に指示した「下命捜査」疑惑を、韓国メディアが連日報じている。

 不可解な捜査は、文氏の最側近であるチョ国(チョ・グク)元法相が、大統領府の民情首席秘書官時代に指示したとされる。結果、現職市長が落選し、文氏の友人である左派系候補が当選した。

関連ニュース