記事詳細

【永田町美人秘書】与野党“乱闘騒ぎ”大好きな先生も、被害は金勘定

 与野党で時折、「乱闘騒ぎ」が起きるが、うちの先生はそういう場所が大好きだ。バトルには率先して参加し、相手側の胸ぐらをつかんで、「テメエ! 絶対に許さないからな!」などと恫喝(どうかつ)する。一方で、「このシャツを破ったら、○万円の賠償だな…」と“計算”して力を緩めるらしい。

 「僕は自制できるけれど、他の先生は自分の背広が破られたら、頭に血が上って何をするか分からない。そういうときは、耳元で『後で国対に言って、銀座の超一流テーラーの仕立券をもらってやるから、これくらいで治めておけ』とささやいてやるのさ」

 怒りのあまり、備品の椅子を振り回そうとした議員には、「それ、○○万円はするから、止めとけ」とアドバイスする。言われた議員はすぐ正気に戻るというから、うちの先生は大したものだ。

 そういう手腕は永田町よりも国際紛争などで発揮すべきだと思うけれど、「僕はそういう場面はイヤなの」という。

 結局、安全な場所が好きなうちの先生です。

関連ニュース