記事詳細

年末ジャンボ宝くじ ゲン担ぎを欠かさない全国開運売り場10 (1/2ページ)

 令和になって初めての「10億円のチャンス」がやってきた。11月20日から年末ジャンボ宝くじが発売されている。“令和初の正月”を前に、めでたい売り場のツキにあやかりたい。

 今年の年末ジャンボ宝くじは1等・前後賞合わせて10億円。昨年に続いてジャンボ宝くじ史上最高額の当せん金である。日本で唯一の宝くじ研究家で知られる“山ちゃん”こと山口旦訓(かつのり)氏が言う。

 「3大ジャンボの中で最も売り上げが大きいのが年末ジャンボです。買う側は大晦日が抽選ということで新年をハッピーに迎えたいし、売る側も相当気合いを入れて臨む。販売員が神社に参拝したり、売り場に開運グッズを揃えるなどして、お客にめでたい正月を迎えてもらいたいとの思いでゲン担ぎを欠かさない売り場に、ツキが集まるのです」

 今回はとりわけ年末ジャンボに強さを見せる「開運売り場10」を厳選する(別掲表)。

 ◆年末トリプル1等! 北海道最強の売り場

 「過去5年間、年末ジャンボで1等を出し続けている都道府県は4つだけ。東京、大阪、愛知という売り場も人口も多い大都市圏に加え、北海道が億当たりを出し続けています」(山口氏)

 その北海道でナンバーワン売り場として君臨するのが、大通地下CC(札幌市中央区)だ。1999年から億万長者を39人輩出し、累計での当せん金額は75.9億円にのぼる。

 「最近では2017年に年末ジャンボミニ1等7000万円を出し、2016年には年末ジャンボ1等・前賞8億5000万円、年末ジャンボミニ1等1億円、年末ジャンボプチ1等1000万円2本という全国でもほとんど例のない“トリプル1等”を達成しています。

 2020年の東京五輪のマラソンの開催地に決定し、札幌の街全体が盛り上がっています。発売前には全員で北海道神宮へ必勝祈願に参拝し、お札をもらって店にお祀りしています」(大川哲生・店長)

 新年の“初日の出”を日本で最初に拝める千葉県銚子市の犬吠埼(山頂・離島を除く)。そんな房総半島の東端に位置する港町の銚子駅前CC(千葉県銚子市)も億当たりの常連売り場だ。2006年の年末ジャンボで2等1億円を出し、翌2007年ドリームジャンボでも2等1億円を出している。

 「1億円が連続して出た時に、看板にクジラの大漁旗を描いたところ、店のシンボルとして定着しました。店の中にも大漁旗を模した布を額に入れて掲げ、令和最初の初日の出をめでたい気持ちで眺められるような大当たりを祈願しています」(小林央・店長)

NEWSポストセブン

関連ニュース