記事詳細

年末ジャンボ宝くじ ゲン担ぎを欠かさない全国開運売り場10 (2/2ページ)

 東京からは累計15億円の大当たりを出している立川CC(東京都立川市)。今年開店40周年を迎えた同店では、2009年の年末ジャンボで2等1億円、2013年の年末ジャンボミニで1等7000万円が出ており、年の瀬に強さを見せる。山口氏はこういう。

 「この売り場には福娘が2人います。1人が“福居さん”で、もう1人が“富居さん”です。福居さんが窓口に座って2年目の2006年に3大ジャンボで連続して大当たりが出ました」

 鈴木昭彦・店長がいう。

 「2人とも北海道出身で、お客様からは“縁起がいい”とご指名をいただいて買ってもらっています。また、店頭には“福生七福神”で知られる熊川神社で祈祷した『開運座布団』や販売員の福居にあやかり『福』を縫い込んだ『福座布団』を置いています。購入された方が座って当せん祈願していかれます」

 ◆年の瀬に響き渡る静岡のラッキーベル

 正月の初夢で見ると縁起がいいのは「一富士、二鷹、三茄子」だが、その富士山の麓にも注目の売り場がある。来年、宝くじ販売を始めて75周年となる鈴木たばこ店(静岡県静岡市)だ。

 「50年前は全国の宝くじ売り場の約8割がたばこ店だったが、現在は全体の約3%。生き残った店は、代々続くゲン担ぎなどで高額当せんを出し続けた売り場です」(山口氏)

 長く“年末に強い”と評判だった同店だが、2015年と2016年にサマージャンボで連続して1等前後賞合わせて7億円が出るなど、さらにツキが集まる傾向がある。

 「ジャンボの時期には福徳福銭の御利益がある名古屋の金神社まで全員で参拝しています。店頭には当せんしたお客様からの謝礼で買ったラッキーベルを置き、皆さん当せんを願ってベルを鳴らすのが恒例です」(販売員・北目仁美さん)

 四国一の販売と当せん実績を持つ売り場がまつちかCC(愛媛県松山市)。過去15年間で3大ジャンボの億当たりは10本、累計額は32億円にのぼる。

 「店の前の『夢広場』には、お客様用のベンチを置いてあります。そこのクッションに“幸・福・宝”の3文字が染めてあり、『億ッション』と呼ばれています。皆さん座って高額当せんを祈願されます。実は、ここのところジャンボで2回続けて1等の当せんに近い番号を販売しており、間違いなくすぐそこに1等が近づいています」(大久保俊彦・店長)

 宝くじは当たるものではなく当てるもの--令和最初の正月を前に、ツキを集める努力を怠らない売り場で億当たりを狙おう。

 ※週刊ポスト2019年12月13日号

NEWSポストセブン

関連ニュース