記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】エキサイティングなアクティビティ (1/2ページ)

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆様!

 こちらエカテリンブルクは冬真っ盛りです。とはいえ、ウラル地方の冬はほぼ6カ月間続くので、私たちにとって冬のアクティビティは非常に大切です。

 この時期、自然愛好家や写真家の人々は郊外に出かけ、美しい大自然をスキーで滑りながら観察します。寒い地域に住んでいる方はご存知かと思いますが、非常に寒いときに自然が最も美しく見えます。特に晴れた朝のダイヤモンドダストは神秘的な美しさです。

 私の実家の近くにある山は、夏のハイキングロードが冬はそのままスキーコースになりますので、晴れた日に木立の間を滑降するマウンテンスキーは最高です。

 余談ですが、毎年その場所で必ずといっていいほど出会うおじさんがいて、彼は冬の間、ショートパンツと帽子と靴下だけを履いてスキーをしています(笑)。このような名物おじさんは、どの町にも一人ぐらいいるでしょう?(笑)。

 その他、スノーボード、アイスフィッシング、ノルディックウオーキングなどのアクティビティもありますが、特に若いカップルに人気があるのはアイススケートです。

 こちらではアイススケートリンクは12月にオープンします。そこには屋外と屋内の両方のスケートリンクがありますが、夜の屋外リンクは雰囲気があり、恋人たちのちょっとしたデートスポットになっています。

 そして、忘れてはならない私たちの伝統といえば、バーニャ(ロシア式サウナ)です。冬のバーニャのエキサイティングな儀式は、スチームルームで十分汗をかいてから外へ飛び出し、目の前の雪原に飛び込むことです!

 もちろん、女性は水着着用ですが(笑)。女性はバーニャの後は不眠症防止のために、しばしばハーブティーを飲みます。