記事詳細

85歳・田原総一朗氏は大丈夫なのか!? 下村元文科相への“献金”発言に根拠なく謝罪へ 百田尚樹氏「田原氏の発言、最近はひどくなっている」 (2/2ページ)

 やはり、ジャーナリストである田原氏自身が記者会見を開いて、「どういう取材をしたのか」「献金の確証はあったのか」「なぜ間違ったのか」などを説明すべきではないのか?

 夕刊フジでは、まずテレビ朝日に対し、改めて会見を行うかなどについて質問状を送った。

 同社広報部は「12月6日の『スーパーJチャンネル』などで謝罪訂正し、記者会見の予定はありません」と回答してきた。

 下村氏にも、田原氏やテレビ朝日の対応について質問状で尋ねた。

 下村事務所は「田原氏から事務所に、謝罪・訂正の電話があった」「発言・内容については、テレビ局側より慎重に取り扱うことをお約束いただいた。政治家の政治生命にかかわる内容については今後、より一層、テレビ局側には慎重に対処していただくことを望みます」と文書で回答した。

 行間に怒りがにじんでいるように感じられた。

 張本人である田原氏は、どう対応するのか。

 田原氏の事務所は10日、テレビ朝日を通じて「今回の発言に根拠はなく、私の事実誤認でした。大変申し訳ありませんでした。次回の放送でも適切に対応する所存です」と文書で回答した。

 「発言に根拠はなく…」とは絶句する。今回の問題をどう見るか?

 ベストセラー作家で、放送作家としてもテレビ界に詳しい百田尚樹氏は「田原氏のむちゃくちゃな発言は今に始まったことではないが、最近はひどくなっているようだ。昔はネットもなく、番組の発言は検証されなかった。今やネットに暴露される時代だ。田原氏以外にも、驚くべき間違い発言するコメンテーターが多いのは大問題だ」と語っている。

関連ニュース