記事詳細

報ステ“印象操作”に世耕幹事長が激怒! 「脈略の異なる話を繋げて編集し…」テレ朝は謝罪

 テレビ朝日系「報道ステーション」は11日夜の放送で、自民党の世耕弘成参院幹事長に関する前日のVTR編集などに「誤解を招く表現」があったとして、富川悠太アナウンサーが世耕氏と視聴者に向けて謝罪した。世耕氏は自身のツイッターで、「報道ステーションの切り取りは酷い」「印象操作」などと痛烈に批判していた。

 問題になったのは、首相主催の「桜を見る会」をめぐる10日夜の放送。政府見解を伝えた後、「ただ、政権幹部とは対照的に与党内は早くも年越しムードが」というナレーションが入り、世耕氏が笑顔で「もう、よいお年をというか…」と発言した部分を流した。

 「“年越し”」「幕引き?与党内から早くも…」というテロップも入り、VTRの後、徳永有美アナウンサーが「これだけ納得できないという声が挙がっているのに、『よいお年を迎えられませんよ』という気持ちになってしまう」と苦言を呈した。

 ところが、世耕氏の「よいお年を」という発言は、記者会見が終了した後、今後の会見予定を聞かれた際に、年内最後の可能性があるため雑談風に出たもので、桜を見る会とは関係のないものだった。報道ステーション側が意図的に編集したといわれても仕方ない。

 世耕氏は放送直後から、記者会見の正確な流れを紹介して、「脈略の異なる話を繋げて編集し…」「酷い編集だ」「印象操作の手口です」などと、ツイッターで猛烈に批判した。

 その後、世耕氏は、テレビ朝日報道局長が謝罪に訪れたことをツイッターで明かしている。

 富川アナウンサーは11日の放送で、「(世耕氏の発言は)桜を見る会とは直接関係のない発言で、放送ではその説明が丁寧ではありませんでした。誤解を招く表現につきまして世耕氏並びに視聴者の皆さまにおわびいたします」と謝罪した。

 放送法第4条には「報道は事実をまげないですること」と明確に記されている。テレビ朝日の報道倫理が問われている。

関連ニュース