記事詳細

【親も知らない今どき入試】「保護者に人気のある中高一貫校」ランク 入試改革で「MARCH付属校」に人気集中! (1/2ページ)

 今週は首都圏288学習塾の塾長、教室長へのアンケートによる「保護者に人気のある中高一貫校」ランクを紹介したい。5校連記で記入してもらい、最初の一貫校を5ポイント、次を4ポイント…として集計した。

 トップは2年連続で中央大付横浜だ。2位は法政大第二、3位は昨年の16位から躍進した中央大付、4位は渋谷教育学園幕張だった。トップ3すべて大学付属校で、他にも8位に青山学院横浜英和、9位に明治大付明治と大学付属校が入っている。しかもすべてMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)の付属校だ。

 中学入試に詳しい専門家は「中学入試では、このところ大学付属校の人気が高く、特にMARCHの付属校が人気です。これは大学入試改革が言われ始めてからの傾向で、先が不透明な大学入試を受けずに、大学に進学できることが人気になってきた大きな理由です。ただ、今回の入試改革の目玉でもあった、外部英語試験受験の延期が発表されましたが、2024年度に再実施される可能性があります。この年は今の中学1年生が大学受験するときになりますから、不透明さは今の小学校6年生が大学受験するときにも続くことになり、来年入試での付属校人気に大きな影響はないでしょう」という。

関連ニュース