記事詳細

EU離脱再加速へ 英総選挙、与党・保守党が過半数の勢い

 英国の欧州連合(EU)離脱が再加速しそうだ。12日に投開票された英下院(定数650)総選挙で、BBC放送の獲得議席予測によると、ジョンソン首相率いる与党保守党が第1党を維持した上、改選前議席を大幅に増やして過半数に届く勢い。来年1月末の離脱実現へ大きく前進する。

 ロイター通信によると、ジョンソン氏は保守党の党員に「今夜はお祝いを楽しんでほしい」とのメールを送った。一方、労働党幹部はBBCに「失望」を表明した。

 BBCが出口調査などに基づいて12日午後10時(日本時間13日午前7時)に伝えた予測では、保守党は368議席を獲得する一方、労働党は改選前の243議席より大幅に減らし191議席。

 保守党は17年の総選挙で少数与党に転落。今年3月29日の離脱期日は延期された。7月に首相に就いたジョンソン氏も10月末の離脱に失敗。形勢逆転を狙って解散総選挙に踏み切った。選挙戦ではジョンソン氏が牛乳配達員に扮して有権者宅を訪ねるなどのパフォーマンスも話題となった。