記事詳細

中国・習近平主席の「国賓待遇」 自民党内から反発の声

 自民党内で、中国の習近平国家主席を来春、国賓として日本に迎えることに、反発する声が上がっている。12日の党総務会でも、出席者から政府に慎重な対応を求める声が相次いだ。

 「習氏の訪日を皆が気持ち良く受け入れられるように、最善の対応を求めたい」

 衛藤征士郎元防衛庁長官や原田義昭前環境相らは、こう発言し、まずは日中間の懸案解決を優先したうえで国賓来日を実現すべきだと要請した。

 習氏の国賓待遇に慎重なのは、十数人の邦人が理由も不明なまま中国当局に拘束され、中国軍機による領空侵犯が相次ぎ、尖閣諸島周辺での中国公船の挑発行為も止まらないなど、事態の改善が見込めないためだ。

 党内有志による「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」はすでに、国賓待遇に反対する提言を、政府に渡している。

関連ニュース