記事詳細

近隣住人に「1億円札束」見せていた!? 青梅殺人事件

 東京都青梅市の無職、小川和男さん(67)が自宅で殺害された事件で、小川さんがこの数年、近隣の住人にアタッシェケースに入った1億円の札束を見せていたことが明らかになった。警視庁青梅署捜査本部は多額の現金を狙った犯行の疑いがあるとみている。

 捜査本部によると、犯人は住宅の裏側の側溝に架かった橋から敷地内に立ち入り、建物の脇を回り込んで玄関から侵入したとみられる。本来、玄関に向かう通り道はブルーシートが針金で固定され、通行しにくい状態になっていた。このため犯人は住宅裏手に回った疑いがあるという。

 事件が起きた14日未明には、付近の防犯カメラに屋外で携帯電話を使って話している男の姿や、白っぽいセダン型の乗用車が映っていたことも判明している。