記事詳細

米朝緊迫のなか“踏み絵”迫られた韓国・文政権の“本性”は… 自由主義陣営かレッドチームか? 安倍政権「韓国には譲歩しない」 きょう日韓局長級会合 (1/3ページ)

 日韓外相会談が見送られる方向になった。スペインの首都マドリードで16日の実施を想定していたが、「日程上の理由」で開催できなくなったという。一方、日韓両政府は同日、輸出規制をめぐる局長級会合を東京都内で開く。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は先月末、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の当面維持を決めた。その後、北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に踏み切る危険性が指摘されるなど、朝鮮半島情勢が緊迫している。今月下旬で調整されている、安倍晋三首相と文大統領の首脳会談を見据えて、「レッドチーム入り」も指摘される「文政権の本性」が注目されそうだ。

 《日本は、引っ越せないのだから、焦らず、どっしり構えて、対応するのが大事。何が何でも外相会談は有り得ない。やろうと思えば、日帰りでも日韓外相会談は可能だ。日程が合わなければ、無理する必要はない》

 参院自民党の佐藤正久前外務副大臣は15日夜、自身のツイッターでこう発信した。

 日韓外相会談は当初、マドリードでのアジア欧州会議(ASEM)外相会合に合わせて、16日の開催を想定されていた。ところが、韓国メディアによると、康京和(カン・ギョンファ)外相が15日夜遅くに現地に到着するが、茂木敏充外相は16日の午後早い時間に現地を発つため、正式会談は見送られる方向となった。短時間、立ち話をする可能性はあるという。

 こうしたなか、16日に都内で開催される、日韓の貿易管理当局による局長級会合が注目される。同会合は、日本が7月に始めた戦略物資の輸出規制強化以降で初めてで、2016年6月以来、3年半ぶりだ。

関連ニュース