記事詳細

家族4人で“窃盗”繰り返す…リアル「万引き家族」逮捕! 金がたまればホテル宿泊、盗んだ肉を七輪で焼いて

 リアル「万引き家族」か。埼玉県警は17日までに、一家4人で盗みを繰り返したとして、窃盗や建造物侵入の疑いで、住所不定、無職の坂上里喜容疑者(62)と妻(55)、長女(30)、長男(26)を逮捕した。県警によると容疑を認め「生活のためにやった」と供述している。

 まさに映画のような窃盗一家の犯行は、防犯カメラの映像から浮上した。坂上容疑者と長男は盗みの実行役で、長女が盗品をリサイクル店などで売却する担当として役割分担されていた。長女は盗品等処分あっせん罪で起訴された。

 坂上容疑者と長男については、食品や釣り道具など総額約236万円相当の窃盗容疑などで追送検し、捜査を終えたとしている。

 一家は2月まで同県本庄市の借家で暮らしていたが、金銭トラブルが原因で退去、車中泊を繰り返しながら生活していたという。追送検容疑は2月~7月、同市の焼き肉店などに侵入し、現金のほか牛肉やポテトサラダなど計約236万円相当を盗んだ疑い。4人は調べに「金がたまればラブホテルに宿泊し、盗んだ肉を七輪で焼いて食べた」と話している。

 2018年公開でカンヌ国際映画祭で最高賞の「パルムドール」を獲得した『万引き家族』は、万引で生計を立てる疑似家族の物語で大きな話題を呼んだ。

関連ニュース