記事詳細

【昭和のことば】「五感を戦慄させる」ぐらいの意味で、当時の若者の「皮膚感覚」から生まれた言葉 シビれる(昭和33年) (1/2ページ)

 最上級のかっこよさを表すことば。「五感を戦慄させる」ぐらいの意味で、当時の若者の「皮膚感覚」から生まれたことばである。

 このことばの発祥が、演歌歌手の三橋美智也に向けられたものだったことは正直ピンとこない。1970年代後半、大御所演歌歌手だった三橋に突如「ミッチーブーム」が起こり、当時のカップラーメンのCMでジョン・トラボルタばりの衣装で踊っていた。これは、若者向けに、地味な演歌歌手を派手なポップスターへ変身させるという一種のパロディーだと思っていたが、かつて親衛隊にこんなことばを献上されるほどの人気を誇ったと聞くと、見方が変わる。

 この年の主な事件は、「日劇で『ウエスタン・カーニバル』開催。ロカビリー人気高まる」「世界初の海底道路、関門国道トンネル開通」「売春防止法施行で赤線区域の廃止」「阿蘇山大爆発、死者12人」「全日空ダグラスDC3型旅客機、伊豆下田沖で遭難。死者33人」「皇太子明仁親王と正田美智子さんの婚約発表」「高さ333メートルの東京タワー完成」など。

関連ニュース