記事詳細

忘年会、スルーしたいのは若者だけではない! 「同一飲食同一支払」を求める管理職の悲痛な叫び (1/3ページ)

 SNSを中心に話題となっている「忘年会スルー」問題。その中心にあるのは、「高いお金を払って上司の自慢話を聞きたくない」という「部下側」のもやもやだ。しかし、その一方で管理職側でも忘年会スルーしたい、と思う人が増えている。企業の現場に自ら入り込み、目標を「絶対達成」させるコンサルタントの横山信弘氏が「忘年会スルー」問題に切り込む。

 「忘年会スルー」に共感する管理職たち

 「同一労働同一賃金の時代に、忘年会の費用を上司が持つだなんて、絶対におかしい!」

 あるクライアント企業の課長から、「忘年会の費用は誰が持つべきか」という質問をいただいた。私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントである。クライアント企業の「業績」のことばかり考えているので、この無邪気な質問には驚いた。

 「だって、同じ労働をしたら同じ賃金を払う時代ですよ。派遣社員でも正社員でも、関係なく」

 「それもそうですが……」

 「なら、同じような食事をして、同じように酒を飲んだら、同じように金を支払わないとおかしいじゃないですか。社長でも、課長でも、派遣社員でも、立場に関係なく」

 「いや、しかし……」

 私が口ごもっていると、

 「そうでないと不公平です! ただでさえ働き方改革の時代になってから、管理職の負担ばかりが大きくなってるんだから」

 と課長は言い切った。私は腕組みをして、しばらく考え込んだ。

 この課長の気持ちは分かる。なかなか育たず、それでも定時で帰ってしまう部下たちが処理できない仕事を、この課長が日々担っているのだ。どんなに業務効率化しても、課長自身の残業が減る兆しはない。

 「仕事の負担も増え、金銭的な負担も増えるだなんて、イヤな世の中だ」

 課長はもう一度、力を込めて愚痴った。

 「おごる」と、ついつい見返りを期待する?

 昨今、「忘年会スルー」したがる上司も激増している。上司の説教や、自慢話に付き合いたくないと、若い世代の人たちが忘年会を嫌がっているだけではない。

 「一応課長だから、部下たちと忘年会をしたら私が払いますよ。2次会も当然、私のおごりです」

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース