記事詳細

北朝鮮が公開処刑を再開…「無慈悲な掃討」命じた金正恩氏 (1/2ページ)

 北朝鮮で、しばらく低調となっていた公開処刑が、今年に入り再び活発化したもようだ。

 咸鏡南道(ハムギョンナムド)の情報筋は韓国デイリーNKとの電話取材で、「2月初め、咸興(ハムン)市の沙浦(サポ)区域にあるヨンデ橋の下の空き地で、薬物密売人らの公開裁判があった。この裁判で、首謀者とされた41歳の男が死刑を宣告され、ただちに銃殺された。さらに2人には無期懲役、1人に20年の懲役判決が下った」と伝えた。

 (参考記事:機関銃でズタズタに…金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇

 情報筋によると、被告らは約10年にわたり咸興市で薬物を密売してきたが、昨年10月に17キロもの薬物を持って列車に乗り、中特との国境地帯に向かっていたところで逮捕された。そして、この事件の報告を受けた金正恩党委員長は「無慈悲に掃討せよ」と語り、薬物密売組織のせん滅を命じたという。

 (参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

 2015年頃までは頻繁に情報の入ってきた公開処刑だが、北朝鮮は国際社会の目を気にしてか、ここしばらく控えていたもようだ。このような形で銃殺刑が執行されたとの情報が入ってくるのは、久しぶりのことだ。

 さらには米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)も、同様の情報を伝えた。今年2月と3月、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の清津(チョンジン)市内中心部で公開裁判が行われ、いずれもその場で公開処刑が行われた。

 (参考記事:「死刑囚は体が半分なくなった」北朝鮮、公開処刑の生々しい実態

 北朝鮮は、どうしてここへ来て公開処刑を再開したのだろうか。まず考えられるのは、経済制裁の影響である。

デイリーNKジャパン

関連ニュース