記事詳細

韓国の新首相に前国会議長 経済政策の手腕に期待か

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、知日派として知られる李洛淵(イ・ナギョン)首相の後任に、丁世均(チョン・セギュン)前国会議長を充てる人事を発表した。

 丁氏は与党「共に民主党」所属で国会議員に6回当選した重鎮。文氏は指名理由として、丁氏がかつて産業資源相を務めるなど「経済通」とされる点を挙げた。韓国経済の苦境が続く中、経済政策などでの手腕発揮を期待しているとみられる。

 交代する李氏は来年4月の総選挙への出馬が取り沙汰されている。(共同)

関連ニュース