記事詳細

中国初の国産空母「山東」就役

 中国が初めて建造した国産空母の就役式が17日、海南省三亜(海南島)の海軍基地で行われ、習近平国家主席が「山東」と命名する証書を艦長に手渡した。国営新華社通信が伝えた。山東の就役により、中国海軍の空母は旧ソ連の「ワリヤーグ」を改修した中国初の空母「遼寧」との2隻体制となる。

 山東は2013年11月に遼寧省大連の造船所で着工し、17年4月に進水。先月中旬、9回目の試験航海で南シナ海に向かった。遼寧の前身であるワリヤーグを基に設計した通常動力型空母で、船首部分に艦載機が発進するためのスキージャンプ式甲板がある。カタパルト(射出機)を備えていないため、艦載機の武器重量などが制限されている。