記事詳細

【永田町美人秘書】「エレベーターに一緒に乗るのもイヤ!」左派野党合流なんかしなきゃいいのに…

 左派野党の合流話が進んでいるというけれど、それほど簡単ではないはず。だって、議員同士の関係は必ずしも良くない。先日もこういうことがあった。

 ある会議に出ようと議事堂内のエレベーターに乗っていたら、A党のX先生が途中で乗り込んできた。X先生は素早く、操作ボタンのある隅っこに体を隠すようにして「閉ボタン」を押した。

 ビューン。

 エレベーターのドアはすぐ閉じられたけど、ドアの隙間に人の姿が…。胸の議員バッジもしっかり見えたけど、乗るつもりだったのでは?

 「えへへ。乗せてあげなーい」

 X先生はそう言って、にやりと笑った。あれは確か、A党と合流しようとしているB党の議員だった。X先生はよっぽど一緒のエレベーターに乗るのが嫌だったんだろうなあ。

 ということで、「そこまで嫌い同士なら、合流なんかしなきゃいいのに!」と思うのは、私だけじゃないはずです。

関連ニュース