記事詳細

ブロック塀倒壊で女児死亡 大阪府高槻市教委幹部ら書類送検へ

 昨年6月の大阪府北部地震で、同府高槻市立寿栄(じゅえい)小のブロック塀が倒れ、4年生の女児=当時(9)=が死亡した事故で、大阪府警捜査1課が、業務上過失致死の疑いで、元市教育委員会学務課長や点検業者の担当者らを20日にも書類送検する方針を固めたことが分かった。

 事故は昨年6月18日朝に発生。寿栄小のプール脇のブロック塀が約40メートルにわたって道路側に倒壊し、登校中だった女児が下敷きになり死亡した。

 市の調査では、地上の基礎部分とブロック塀をつなぐ鉄筋が短かいため、強度が足りない状態になっていた。

 地震の3年前には倒壊の危険性があると指摘があったが、その後の目視点検などで問題がないと判断されていた。