記事詳細

教員のサーバーに不正アクセス 新潟の中3男子、自分の成績を高く改竄

 新潟県長岡市の中学3年の男子生徒(15)が通学先の教員用サーバーに不正アクセスして成績を高評価になるよう改竄(かいざん)したとして、県警が不正アクセス禁止法違反で書類送検していたことが分かった。

 生徒は今年9月ごろ、事前に入手したパスワードを使ってスマートフォンで教員用サーバーに不正アクセスし、遠隔操作アプリで自分の成績を良くなるよう改竄した疑い。異変に気付いた学校側が県警に相談した。

 「成績などの情報をパスワードだけで管理している学校もある」(教育関係者)といい、教育現場のセキュリティー強化も問われそうだ。