記事詳細

【親も知らない今どき入試】「中学受験保護者が重視する項目」ランク 大学合格実績に加えて交通の便も (2/2ページ)

 3位は「偏差値」の61・5%で、1位から3位までが6割を超えた。4位以下との差も大きく、志望校選びでもっとも重視されていることがわかる。4位以下は「校風」「塾の先生の意見」「教育方針」の順だ。

 中学入試に詳しい専門家は「最近はお父さんが中学入試に参加するケースが増え、そうなるとデータ重視の傾向になりますが、6年通うことになりますから、各校の校風や教育方針など、中身の検討も重視してほしいと思います」という。

 ■安田賢治(やすだ・けんじ) 大学通信の情報調査・編集部ゼネラルマジャー。1956年兵庫県生まれ。灘中高、早稲田大卒業後、大学通信入社。中高・大学受験の案内書・情報誌の編集責任者として大学合格や就職情報を発信。私立学校のコンサルティングにも協力。著書に『中学受験のひみつ』(朝日出版)など。

関連ニュース