記事詳細

モスクワ中心部で発砲、ロシア治安当局者1人死亡 プーチン氏の“古巣”情報機関「FSB」本部近く

 モスクワ中心部のロシア連邦保安局(FSB)の本部周辺で19日、何者かが発砲し、FSBによると同局職員1人が死亡した。保健省によると5人が負傷。FSBは発砲者は「無力化された」としており、殺害された可能性が高い。タス通信などが報じた。

 イズベスチヤ紙は、3人がFSBの建物に侵入、発砲し治安当局者3人が死亡したと報じたが、FSBは容疑者は1人で、建物への侵入もなかったと報道を否定した。治安当局は発砲者の身元確認を進めている。

 FSBはプーチン大統領がかつて長官を務めた情報機関で治安機関の象徴。クリスマスに向けてツリーなど華やかな装飾が施された現場周辺は封鎖され、騒然となった。

 プーチン氏は事件の発生時間帯に20日の「治安機関職員の日」を祝うクレムリン宮殿でのコンサートに出席中で、治安当局幹部を前に「今年は33件のテロが未然に防止された」と成果を称賛する演説をしていた。(共同)

関連ニュース