記事詳細

【有本香の以読制毒】日本“対中・対露”外交の異様 北方領土付近での日本漁船連行は日露協議へのカード? 中国当局“事由不明”で日本人拘束も習氏は「国賓来日」へ (1/2ページ)

 3年前の今ごろ、2016年12月のトップニュースは何だったかと振り返ってみると、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領訪日である。同大統領が、安倍晋三首相の地元、山口県に直接入り、長門市の温泉旅館で首脳会談を行うという異例の日程だった。

 北方領土問題解決の道筋について、プーチン氏と胸襟を開いて会談したい-。安倍首相のこの思いに応えようと、地元も歓迎ムード一色となったが、プーチン氏の悪癖に水を差された。

 プーチン氏を乗せた航空機が山口宇部空港へ到着したのは、予定から約3時間遅れ。ご一行が長門入りしたころには日も落ち、子供たちによる沿道での歓迎も中止となった。市民は落胆したという。

 当時、大メディアはもちろん、筆者も「北方領土問題進展」の期待を込めて、安倍・プーチンの「蜜月」を好意的に報じた。だが、いまやこれを後悔し反省している。

 3年後の今日、折しも茂木敏充外相がモスクワを訪れている。一方で17日、歯舞群島周辺の海域でタコ漁をしていた北海道根室市の漁船5隻が、ロシアの国境警備隊に拿捕(だほ)された。漁船は国後島へ連行された。

 日本政府は「連行は受け入れられない」とし、菅義偉官房長官は18日の記者会見で「人道的観点からも早期に帰港できるように、ロシア側に引き続き働きかけを行っていきたい」と述べている。いつもながらのつつましい日本式「遺憾砲」である。

関連ニュース