記事詳細

経産省、対韓輸出管理の一部を見直し 半導体材料「レジスト」の手続き緩和

 経済産業省は20日、半導体材料など韓国向けの輸出管理措置をめぐり、半導体の基板に塗る感光剤の「レジスト」について、運用を見直したことを明らかにした。輸出契約1件ごとに個別の許可申請を求めることに変わりはないが、同省が認めた日韓の特定企業間の取引に限り、輸出許可を与える期間を原則半年間から、最長で3年間に延ばす。

 日本政府は7月に入り、大量破壊兵器に転用可能な戦略物資について、韓国の輸出管理に疑わしい事案が続出したため、レジストのほか、半導体の洗浄に使う「フッ化水素」、有機ELディスプレーに用いる「フッ化ポリイミド」の3品目について、輸出管理を厳格化した。

 レジストについては、この間、適切な管理の下で6件の取引実績が確認されたことから、手続きを緩和した。

 一方、韓国大統領府関係者は20日、「日本政府が自発的に取った措置で、一部進展とみられるが、輸出規制問題に対する根本的な解決としては不十分だ」と記者団にコメントした。