記事詳細

香港警察トップ 北京で中国に露骨にすり寄る姿勢見せ批判 (2/2ページ)

 とくに、反中的傾向が強い香港紙『りんご日報』は「トウ氏はもともと権力志向が強かった」などと批判し、あまり知られていないトウ氏の経歴を紹介している。

 それによると、トウ氏は1965年7月4日生まれの54歳で、両親は広東省の出身だが、トウ氏自身は香港生まれの香港育ち。香港の名門大学・香港中文大学を卒業後、公務員試験ではトップクラスで合格。香港が英領植民地だった1997年以前には最優秀の警察官僚しか選抜されない英国国立国防学院にも留学した。さらに、米連邦捜査局(FBI)にも出向するなど将来を嘱望された警察官僚だという。

 これは、香港の中国返還以降も変わらず、キャリアを積み重ね、中国共産党の幹部養成機関である中央党校で半年間研修した経験も持つ。さらに上海の幹部の教育機関の中国浦東幹部学院や中国の警察大学校に当たる「中国人民公安大学」にも特別研究員として派遣されるなど、中国共産党の中堅幹部や中国の警察官僚と交流し、中国人脈を広げている。

 そのトウ氏が図らずも中国の国旗掲揚や習氏の重要講話に感激すると述べたことから、「香港内ではトウ氏批判が高まっており、今後のデモがエスカレートする可能性が強くなった」などと伝えられている。

NEWSポストセブン

関連ニュース