記事詳細

首相、外遊出発前の発言全文 元徴用工問題「韓国がきっかけを」

 安倍晋三首相は23日午後、中国四川省・成都で24日に開かれる日中韓3カ国首脳による日中韓サミットに出席するため訪中するのを前に、いわゆる徴用工訴訟問題について「日韓関係を健全なものにするため、韓国側に行動をとってもらいたい、きっかけを作ってもらいたい」と述べた。官邸で記者団の取材に応じた。首相の発言は次の通り。

 日韓関係は依然として厳しい状況にありますが、現下の東アジアの安全保障環境を考えれば、日米韓、日韓の連携が重要であると認識しています。他方、国と国の約束は守ってもらわなければなりません。日韓請求権協定は、日韓国交正常化の前提であり、日韓関係の根本をなすものであります。

 今回、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談が予定されておりますが、文在寅大統領に対して、朝鮮半島出身労働者の問題も含めて、日本の考え方をしっかりと伝えたいと考えています。

 そしてまた、(韓国の)文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が提出をしている法案については他国の立法府の議論でございますので、コメントは差し控えたいと思いますが、いずれにせよ、日韓関係を健全なものにするためにですね、韓国側に行動を取ってもらいたい、きっかけを作ってもらいたいと、こう考えています。(産経新聞)