記事詳細

石破茂氏、女系天皇“容認”か 皇位継承めぐり問題発言「女系だからダメだという議論には賛同していない」

 自民党の石破茂元幹事長が、皇位継承をめぐって「女系天皇」を容認するような発言をした。皇位は、初代の神武天皇から第126代の天皇陛下まで、一度の例外もなく父方を遡(さかのぼ)れば天皇にたどり着く「男系継承」である。石破氏は「ポスト安倍」候補だが、大丈夫なのか。

 「皇室が途絶えることは国の本質が変わることだ。女系だからダメだという議論には賛同していない」

 石破氏は26日、BS-TBS番組の収録で、こう語った。

 驚くべき発言だ。石破氏は収録後も、「男系、女系ということだけで(皇位継承を)決めることなのか」と記者団に話したという。

 明治天皇の玄孫(やしゃご)である作家の竹田恒泰氏は「『女系天皇』を認めれば、その瞬間、王朝が変わる。男系継承は1ミリも譲ってはダメだ」と語っている。