記事詳細

韓国憲法裁が慰安婦合意を“骨抜き”に… 判断尊重と文政権

 韓国司法の暴走が続いている。慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」とした2015年の日韓合意について、韓国の憲法裁判所は、憲法違反とは認めなかったものの、条約締結の手続きを踏んでいない「政治的な合意」にすぎず、元慰安婦らの法的権利が消滅したとはいえないと判断したのだ。合意を骨抜きにする裁定といえ、まったく許しがたい。

 この訴訟は、元慰安婦らが日韓合意を憲法違反だと認めるように求めていたもの。韓国憲法裁は、合意自体が「違憲審判の対象外」として、訴えを却下した。

 ところが、元慰安婦を支援する財団設立について「義務履行の時期、方法、不履行の責任を規定していない」と指摘し、日韓合意に履行義務はないと判断するなど、ムチャクチャな見解を羅列しているのだ。

 日韓合意は、米国政府の仲介で、安倍晋三政権と、韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権が結んだが、「反日・離米」の文在寅(ムン・ジェイン)政権は事実上、白紙化している。

 国家間の約束を、簡単に反故(ほご)にするような国は、まともな近代国家ではない。

関連ニュース