記事詳細

秋元議員“汚職逮捕”で浮き彫り…政界を侵食する「中国マネー」の正体! (1/2ページ)

 日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員、秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=が、2017年末に中国企業「500ドットコム」本社を訪問した際の費用を、同社側が負担した疑いがあることが28日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、賄賂に当たるかどうか慎重に捜査している。

 関係者によると、秋元容疑者は17年12月に2泊3日の日程で、「500」社副社長の肩書で活動していた鄭希容疑者(37)=贈賄容疑で逮捕=らと羽田空港を出発。「500」社の経営トップと面会し、マカオのカジノを視察した。

 秋元容疑者の後援会の政治資金収支報告書には出発前日の日付で「旅費」256万円を支出した記載があるが、支出先は「500」社顧問だった紺野昌彦容疑者(48)=贈賄容疑で逮捕=の香港の会社だった。

 ■氷山の一角

 今回の事件で、中国マネーが日本の政界を侵食する実態が浮き彫りになった。贈賄側の中国企業「500ドットコム」はIRのノウハウに乏しい後発組で、悪目立ちした末に摘発されたが、氷山の一角ではないのか。

 中国・深セン(シンセン)に本社を置く500ドットコムは2001年に設立され、中国で初めてインターネット上に宝くじ・スポーツくじ販売のプラットフォームを開設した。13年にニューヨーク証券取引所に上場。世界135カ国に6000万人以上の登録ユーザーを持つというが、ここ数年は逆風続きだった。