記事詳細

首相“ポスト安倍”候補者に言及 憲法改正は「私の責任で成し遂げたい」

 安倍晋三首相は27日のBSテレ東の番組収録で、自身の後を狙う「ポスト安倍」候補を列挙した。自民党の岸田文雄政調会長、茂木敏充外相、菅義偉官房長官、加藤勝信厚生労働相の順に名前を出し、それぞれの経験や実績にも触れた。首相は現在、自民党総裁連続3期目で、任期は2021年9月まで。

 首相は、世論調査などで人気の高い自民党の石破茂元幹事長には言及しなかった。番組司会者から石破氏に関して問われると「大変勉強熱心で、チャレンジ精神にあふれた方だ」と答えた。

 党内には、首相の総裁連続4選に期待感もある。首相は収録で「全く考えていない」と重ねて否定し「まだ(任期は)1年9カ月ある。やるべきことはたくさんある」と強調した。

 意欲を示す憲法改正に関しては「活発な議論を期待する。私の責任で成し遂げたい」と訴えた。

関連ニュース