記事詳細

ゴーン被告の逃走劇“内幕” 「父が自由の身になる」3カ月前に娘が話す 出国ルートの詳細も明らかに (1/2ページ)

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)罪などで起訴=がレバノンに逃走した事件で、日本からの出国ルートの詳細が明らかになった。10~15人程度のチームで入念に下見し、新幹線やタクシーも使った大胆な犯行。ただ、「37億円」の巨額資金を費やし、世界的経営者としての信頼も完全失墜させるなど代償は極めて大きい。

 「父が自由の身になる」。ゴーン被告の娘は2~3カ月前、家族ぐるみの親しい友人にこう話していた。逃亡が3カ月前から計画されていたとするロイター通信の報道とも時期が一致する。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は、逃亡計画には元グリーンベレーを含む多国籍の10~15人程度のチームが関与したと報じた。チームは20回以上来日して国内の少なくとも10の空港を下見。関西国際空港のプライベートジェット機のターミナルは人が少なく、大型の荷物が検査機に入らないことを把握していたという。

 昨年12月6日と逃走直前の同月27日、ゴーン被告は東京都港区にある行きつけの焼き鳥店を訪れたとFNNが報じた。

 29日午後2時半ごろ、港区の住宅を1人で外出。六本木のホテルで米国籍の男性2人と合流し、午後4時半ごろにJR品川駅にいた3人は東海道新幹線で新大阪駅へ。ゴーン被告は帽子やマスクを着用していたが、大がかりな変装はしていなかったという。

関連ニュース