記事詳細

中止「誤報」もあったが…安倍首相、予定通り中東歴訪へ 河野防衛相きょう海自部隊に派遣命令 (1/2ページ)

 安倍晋三首相は、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの3カ国歴訪を、予定通り11~15日に実施することを決めた。中東情勢の緊迫化から、慎重に見極めてきたが、ドナルド・トランプ米大統領がイランに軍事的報復をしないと表明したことを受け、判断した。これに先立ち、河野太郎防衛相は10日、海上自衛隊部隊の中東への派遣命令を出す。

 安倍首相は訪問先で、中東の緊張緩和に向け、各国首脳らに対しイランとの対話を促し、海自の中東派遣についても説明し、理解を求める。

 自民党の薗浦健太郎総裁外交特別補佐は9日、日本記者クラブで会見し、米、イラン両国の首脳と対話できるのは首相しかいないと強調。「われわれが果たすべき役割が当然ある」と語った。

 河野氏は10日、護衛艦「たかなみ」と、P3C哨戒機に対し、中東海域への派遣命令を出す。派遣規模は計260人程度。防衛省設置法の「調査・研究」を根拠にした情報収集が任務で、哨戒機は11日に出発し、月内に現地で活動を開始する。たかなみは2月上旬に出航する。

 活動海域は、オマーン湾やアラビア海北部、バベルマンデブ海峡東側の公海に限定。活動中に不測の事態が起きた場合、自衛隊法に基づき、海上警備行動を発令する。