記事詳細

韓国大統領、徴用工問題で「日本も解決方法提示を」 年頭会見で主張

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、年頭の記者会見で、日本による輸出管理厳格化など「より簡単に解決できる問題を早く解決すれば、両国間の信頼回復に大きく役立つ」と述べ、日韓関係の改善には、日本がまず行動で示すべきだとの考えを示した。

 日韓関係悪化の根本原因であるいわゆる徴用工判決についても「韓国政府はすでに何度か解決法を提示した」と主張しつつ、韓国側の案が「唯一の解決法とは思わない」と指摘。日本も韓国の案に修正意見を出すなど、解決法を示しながら韓国と積極的に協議する必要性を強調した。

 徴用工訴訟の代理人弁護士らが提案した、日韓の政財界関係者らによる協議会を設立する案についても「韓国政府が参加する意向がある」と述べた。韓国側が一方的に事実上ほごにした慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意にも触れ、「被害者の同意なしに合意しても解決に役立たないことは慰安婦合意のときに経験した」とし、当事者らの同意を優先させる姿勢を改めて強調した。

 国際経済環境の悪化にも言及し、日韓が力を合わせるべきときに、日本が輸出管理措置によって「日本企業にも困難を与えている現実が残念だ」と批判した。

 今年の東京五輪については「積極的に協力する」とし、高官級の代表を派遣する見通しを示した。「東京五輪が韓日間の問題を根本的に解決するよいきっかけになることを願う」とも述べた。(産経新聞)