記事詳細

秋元容疑者を再逮捕 別に400万円相当収賄疑い 東京地検特捜部 (1/2ページ)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は14日、収賄容疑で逮捕した衆院議員、秋元司容疑者(48)が、中国企業「500ドットコム」側から、講演料名目の現金など計約350万円相当の別の賄賂を受け取ったとして収賄容疑で再逮捕した。賄賂の総額は約730万円相当となった。

 特捜部は「500」社日本法人元役員、鄭希ことジェン・シー(37)▽同社元顧問、紺野昌彦(48)▽同、仲里勝憲(47)-の3容疑者も贈賄容疑でそれぞれ再逮捕した。

 秋元容疑者の再逮捕容疑は、IR担当の内閣府副大臣だった平成29年9月上旬ごろ、「500」社が那覇市で開いたIRに関するシンポジウムで講演した後、IR事業で便宜を受けたいとの趣旨だと知りながら、講演料名目で200万円を受領。同年12月下旬には、広東省深●(=土へんに川)(しんせん)の同社本社やマカオのカジノに招待され、旅費など約150万円相当の利益供与を受けたとしている。

 秋元容疑者の政治団体「秋元司後援会」の29年の収支報告書には、12月26日付で紺野容疑者が関係する香港の会社に「旅費」として、2人分で計256万円を計上。だが、実際には旅費はすべて「500」社側が負担していたという。

 講演料について秋元容疑者は逮捕前の取材に「もらっていない」としていた。中国旅行については弁護側によると「秘書が処理していると思っていた」と話しているという。