記事詳細

中国が仕掛ける「債務の罠」 最大被害のスリランカは港湾を「99年間」貸し出し 「事実上の植民地化」批判の声も (1/2ページ)

 中国が仕掛ける「債務の罠」が国際問題になっている。巨大経済圏構想「一帯一路」の名のもと、多額の借款を発展途上国に押しつけ、借金のカタに重要インフラなどを奪うものだ。インド洋に面した港湾を99年間も貸し出したスリランカはその悪例として知られる。中国援助の高層ビルなどが中心都市コロンボに次々と建設されている。「事実上の植民地化」という批判も聞かれる現地をリポートする。(文・写真、金正太郎)

 コロンボのスリランカ国立病院の向かいに、地上8階、地下1階の新病棟の工事現場がある。現場を囲う鉄柵には、漢字で大きく「中国援助」と書かれていた。建築現場の案内やスローガンも漢字で、作業員の大半は中国人のようだ。

 中国共産党の機関紙「人民日報」(電子版)によると、新病棟は2017年8月に着工し、今年11月に完成する。現在1日2000人の外来患者を、新病棟では6000人に増やし、最先端の医療を提供するという。

 このほか、コロンボには、中国の援助で、電波塔と宿泊・商業施設が一体となったランドマーク「ロータス・タワー」が昨年11月にオープンした。中国資本の高層ビルも、あちこちに建設されている。

 高級ホテルをのぞくと、フロント近くには、中国人のビジネスマンや観光客が詰めかけていた。名物のスリランカカレーを口にしない中国人の食習慣に当て込んで、ホテルの周辺には、中華料理店が軒を連ねている。

関連ニュース