記事詳細

「桜」名簿破棄は民主党政権時代から 菅官房長官が明らかに

 首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿が、管理簿に不記載だった公文書管理法違反問題について、菅義偉官房長官は14日の記者会見で、民主党政権時代の前例が続いていたことを明らかにした。政府としては、襟を正す必要がありそうだ。

 「2011、12年は東日本大震災などを理由に『桜を見る会』が実施されず、名簿を管理簿に記載せずに破棄していた。その取り扱いが前例として、漫然と引き継がれたようだ」

 菅氏はこう語った。

 これまでに、第2次安倍晋三政権下での13~17年度分の招待者名簿については、政府が、公文書管理法で義務付けられている「行政文書ファイル管理簿」に記載をせず、「廃棄した」記録も残していなかったことが判明している。それらが、民主党政権を踏襲していたというのだ。

 菅氏は会見で、廃棄したと説明した招待者名簿の再調査については「名簿は廃棄されており、考えていない」と語った。

 野党陣営は早速、「弁解」「責任転嫁」と批判している。20日召集の通常国会の焦点となりそうだ。

関連ニュース