記事詳細

立民・枝野代表、国民との合流は「20日が期限」

 立憲民主党の枝野幸男代表は17日、国民民主党の玉木雄一郎代表が20日までに両党の合流を決断しなかった場合、合流協議を打ち切り、「白紙」に戻す考えを示した。

 訪問先の神戸市内で記者団に対し、「(玉木氏側には)全ての可能なことを提示している。『決断が難しいようであれば、国会も始まるので違う道を選ぶべきだ』と、われわれは結論を出している」と語った。

 玉木氏は、政策の棚上げや、選挙・カネ目当てと揶揄(やゆ)される「大義なき合流」に断固反対している。

 国民民主党内の「合流推進派」の突き上げを抑えながら、枝野氏とは20日以降も、粘り腰の協議を続けたい考えだ。